政策

市民ネットワーク・かしわ3原則

1議員報酬は市民活動費として使います 所属議員は議員報酬の一部を市民ネットワーク・かしわに寄付し、市民活動に活かします。その使い道は公開します。
2議員はみんなで選びます 議員は市民の代表です。市民ネットワーク・かしわから議員になる人は、運営委員会で話し合って決めています。
3選挙はカンパとボランティアで 選挙は政治を考える絶好の機会です。多くの市民に関わってもらい、カンパとボランティアで行います。

基本方針

いのちを守る 暮らしを支える
  • 情報公開と市民参加
  • 人権を尊重し多様性を認める
  • 命を守れる防災に
  • 持続可能な環境を
  • 子どもの居場所づくり
  • 教育の充実
  • 誰も取り残さない福祉に

活動方針

  • 1.基本方針に沿って所属議員と共に活動していきます。
  • 2.市民の声を市政に届け、市政の情報を市民に届けます。
  • 3.市内の課題について、柏市へ予算要望を行います。
  • 4.電磁波測定を定期的に実施し、安心・安全に生活するための情報を発信します。
  • 5.市内外の市民団体と連携・協働をすすめ、ともに活動していきます。
    • リサイクルせっけんを広げるため、NPOせっけんの街の廃食油回収に協力します。
    • 「柏市こども食堂連絡会」に参加し運営します。
    • 「とうかつ草の根フードバンク」の運営に参加し活動します。
    • 「かえる公園こども食堂」の運営に参加し活動します。
    • 「女性市議9人と語ろう(柏市議と語ろう)」の参加団体として活動します。
    • 「パソコン修理相談事業」を実施します。
  • 6.出前講座、学習会、講演会、意見交換会などを企画し、広く参加を呼びかけます。
  • 7.市民の政治参加を広めます。
  • 8. 仲間を増やしていきます。

電磁波測定

市民ネットワーク・かしわでは、特に子どもの身体への影響が懸念されている電磁波の測定を定期的に行っています。
市内の公園などの中でその時々気になる場所を測定し、情報を発信しています。




市民ネットワーク・かしわでは、長年にわたり市内の放射線量の測定を行ってきました。
福島第一原発事故から10年が経ち、測定値が落ち着いていることから活動を終了いたしました。